検索する

ホーム > ヨガ > ”いい汗””悪い汗”あなたはどっち?無駄な汗をかくのはもうやめよう

”いい汗””悪い汗”あなたはどっち?無駄な汗をかくのはもうやめよう

運動をして汗をかけばいい!と思っていませんか?”いい汗”をかかなきゃ何をやっても意味がない。ハードな運動しても、悪い汗をかいてたら時間の無駄使い。無駄な運動の時間にさせないためにも、質のいい汗をかいて、憧れのボディを手に入れちゃおう♡

PR : 参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

いい汗と悪い汗とはどんなもの?

いい汗と悪い汗とはどんなもの?

beachgirl_s

まずは、汗はどのように作られているか知っていますか?
汗の原料は血液。血液が汗の出口である汗腺に取り入れられ、水分だけが排出され、ほかのミネラルや塩分は体の中へ再吸収されていきます。この水分だけが排出され、体の表面に出てきたものが汗となります。これが”いい汗”と言われるものです。
その、再吸収の働きがスムーズに行われず、水分と一緒にミネラルや塩分が体外に排出されてしまうことがあり、このような汗を”悪い汗”となります。このようことから”いい汗”と”悪い汗”の違いが出てきます。

”いい汗”
いい汗は、ミネラルや塩分などの水分以外の成分が体内に再吸収されるので、べたつきのないサラサラとした汗になります♩また、水分が主に出てくるので、臭いもほとんどありません♡
そして、ほとんどが水分ですから、汗をかいてもすぐに乾いてしまいます。すぐに乾くと、蒸発するときに身体の熱を奪い取ってくれるので体の体温を下げることができます。

”悪い汗”
ミネラルや塩分が再吸収されず、一緒に体外へと排出されてしまいます。そのためベタベタとした気持ちの悪い汗になってしまいます。また、ミネラルや塩分が含まれている汗ですので、臭いの原因にもなってしまいます。
そして、水分だけの汗と違い蒸発がしにくいため、ダラダラと流れ落ちるような汗になり体温も下がりにくくなります。

代謝をあげることに必要なミネラルが体温を下げるたびに外に排出されている状況ですので、代謝をあげることもできず燃焼力を低下させてしまいます。いくら運動をして汗をかいてもミネラルを排出し、代謝をあげれなければ運動している時間がもったいない時間へと変わっていくのです。

もう一度、自分の汗がどちらになるのか考え、”悪い汗”をかいていると思ったら今すぐ改善しましょう♡

悪い汗をかく原因とは?

悪い汗をかく原因とは?

beachgirl_s

悪い汗をかく人の原因は生活スタイルにあります。
・運動不足やエアコンの多用
運動不足やエアコンを多用する人は、汗をかくことが少ないので汗腺の機能低下がみられます。

・睡眠不足やストレスを感じ自律神経の乱れ
睡眠不足やストレスを感じ自律神経が乱れホルモンバランスが崩れることで汗腺の正常な働きができなくなります。


・食生活が乱れ
動物性たんぱく質や脂肪の多い肉食を好み摂りすぎるということが原因になってきます。動物性脂肪を摂りすぎてしまうと、皮脂の分泌が活発になり、汗腺から分泌される油脂成分が多くなりベタベタの汗をかいてしまいます。また、ベタベタの汗をかくだけではなく、汗の臭いも強くなってしまいます。


このような生活スタイルを送っている人は要注意!
便利なエアコンの使用は極力避け、扇風機や服を重ね着するなどできるだけ自分の体で体温を調整するようにしましょう♩
食生活を見直すことで、体の中できれいな血液が流れ汗も”いい汗”をかけるようになってきます。
自分の生活をもう一度見直してみましょう♡

いい汗をかくためには♡

いい汗をかくためには♡

beachgirl_s

いい汗をかくためには、汗腺を鍛えることが重要となってきます♡
汗腺を鍛える…難しく考える必要はありません♩

自宅での入浴方法をちょっと変えるだけで汗腺を鍛えることが出来ちゃいます♡
交感神経が集まっている手足の先を温めることで、汗腺機能を促し、いい汗をかきやすくなります。
①バスタブの4分の1くらいに、少し熱いかなと思うくらいの温度のお湯を入れます。
②お湯を張ったら、肘から手先までと膝から足先までを浸けます。この状態で10~15分くらい♡

これだけで汗腺を鍛えることができます♩熱いお湯に全身を浸けることは身体への負担が大きいのでやめましょう。
冬場に、裸でコレをしてしまうと風邪をひいてしまうので服を着てからしましょう♡低めのバスチェアを浴槽内に置いて座りながらするとラクにできます♡

”いい汗”をかくために、今日からLet'sトライ♡汗をかくことがだんだん気持ちよくなってきます♡

ホットヨガがおすすめ♡

ホットヨガがおすすめ♡

toorakroadsouthyarra

ホットヨガでかく汗はサラサラの気持ちいい汗、いわゆる”いい汗”です♡
常温ヨガでもいいのでは?と思った人も多いかと思いますが、常温ヨガで出る汗は主に汗腺からです汗になります。それに対し、ホットヨガで出る汗は主に皮脂腺から出てきます
汗腺からの汗は、体内の水分が出ているだけですが、皮脂腺から出てくる汗は水分のほかに体内の老廃物や毒素も含まれています。ホットヨガがデトックス効果があるということは、”いい汗”をかいて毒素が排出されることから言われているのです。ただ汗をかいているのではなく、体の芯から温まり血流をよくして老廃物を排出する働きを促してくれているからこそホットヨガは”いい汗”をかけるのです。
また、ホットヨガは常に室温38℃以上、湿度65%以上の環境が整っているため、身体の温まりも早いですし、汗をかきやすい環境を作ってくれています。ですから、大量の汗をかくことができ、老廃物を排出することでダイエットや美肌を手に入れることができます♡

いい汗かいていいオンナ♡

いい汗かいていいオンナ♡

justiinspire

いい汗をかくのは“いい女”の証♡
気持ちいいくらい、たっぷり汗をかいて爽やかな毎日を過ごしちゃいましょう!
もう汗をかくのだって怖くない!
サラサラな気持ちのいい汗で女子力アップさせちゃいましょう♡
今日からいいオンナ目指してLet’s challenge♡

PR : 参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

RECOMMEND

YOGA

男性ウェアもお洒落に着こなしたい♡東京ヨガウェア2.0で人気のトップス

男性ウェアもお洒落に着こなしたい♡東京ヨガウェア2.0で人気

男性もヨガを始める人が多くなり、男性用のヨガウェアの取り扱いも多くなっています♩味気ないウェアをチェンジしてイメチェンして、さらにヨガが楽しくなる♡また、カップルでお揃いのヨガウェアを揃えるのも楽しい

YOGA

無印良品のヨガウェアでナチュラルヨガスタイル!

無印良品のヨガウェアでナチュラルヨガスタイル!

ナチュラルテイストで機能性バツグン!コストパフォーマンスもGOODな無印良品。最近、無印良品のファッションが人気を高めている今だからこそ、どんどん取り入れちゃいましょう♡着心地バツグンの無印良品でヨガ

YOGA

辛い生理痛に悩んでない!? ヨガで生理痛も緩和しちゃおう!!

辛い生理痛に悩んでない!? ヨガで生理痛も緩和しちゃおう!!

女性にとって生理は長い付き合いだからこそ、毎回ひどい痛みに悩まされると辛いですよね。 生理痛への効果と自宅でサクッと出来るヨガポーズを紹介します!

YOGA

街ブラだけじゃもったいない! 銀座でちょっぴり大人な気分でピラティスを堪能しよう!!

街ブラだけじゃもったいない! 銀座でちょっぴり大人な気分でピ

気分が高ぶる♪銀座でピラティスやりませんか? 魅力たっぷりの場所に、通う道も楽しくなっちゃう!通いやすく、レッスン後の街ブラも楽しい銀座のピラティススタジオをご紹介!!

YOGA

内側からもキレイになりたい! デトックスヨガで毒素とさようなら!デトックスヨガが体験できる二子玉川駅

内側からもキレイになりたい! デトックスヨガで毒素とさような

いくら運動してもきちんとデトックス出来ていないと、痩せなかったり・・デトックスはとても重要です! リラックスしながら、デトックス出来てスッキリ感がハンパない!

YOGA

オンナのコの夏の悩み第1位”ぽっこりお腹”。夏までにキュッと引き締めダイエット♡

オンナのコの夏の悩み第1位”ぽっこりお腹”。夏までにキュッと

オンナのコの夏の悩みの上位に毎年あがる“お腹回り”ダイエット。毎年、チャレンジはするものの長続きしなかったり、夏が過ぎればリバウンド…。今年こそは内側から徹底的に脂肪をやっつけましょう♡もうお腹回りで

YOGA

しっかり運動をしたいならピラティス! 高田馬場駅に近いピラティスができるスタジオをご紹介

しっかり運動をしたいならピラティス! 高田馬場駅に近いピラテ

ピラティスで程よく筋肉をつけ、女性らしいメリハリボディを作ろう♪ 汗をかいてスッキリ爽快です!

YOGA

どれを選べばいいの? 自分にあったヨガの種類をみつけよう

どれを選べばいいの? 自分にあったヨガの種類をみつけよう

ヨガと言っても種類もさまざま。教室に通おう!と意気込んでも、自分に合っていなければ通うのも難しくてお金ももったいない!! 自分に合ったヨガをさがすための種類べつ解説。

YOGA

【疲労回復】お家で簡単に疲れを取りたいならこのポーズ!!

【疲労回復】お家で簡単に疲れを取りたいならこのポーズ!!

疲れてレッスンにいくのもきついときありますよね!? そんな時はyoutubeで見れる解説動画で、自宅でサクッとやって次の日に疲れを残さないようにしよう♪簡単にビギナーでも始めやすいヨガポーズをご紹介

TAGS

CATEGORY